UKey's Labo

未経験からITエンジニア(プログラマ)に転職しました@福岡 – vol.3 〜派遣会社面談編〜

派遣会社を訪問

ということで。
派遣会社の登録へ。

慣れないスーツを来て、派遣会社を訪問しました。
事務所、小っさ…

大きなビルの中にある、ほんの片隅にその派遣会社はありました。

事務所はちいさかったのですが、隣接して教室みたいな部屋があり、
そこに案内され、早速30分程度かけて、アンケート用紙兼スキルシートの記入。

記入が終わるまで放置。
不安でしょうがない。

希望収入、希望勤務地、などはまだ書けますが、スキルシートに関してはほぼ書けることがない。

バカ正直に、
* プログラミングの勉強を初めて半年。
* Javaの基本はわかります。

みたいなことは書きました。

当然、実務経験がないため記入はすぐに済み、時間は豪快に余り弄んだ記憶があります。

その後、担当者との面談へ。

派遣担当者との面談

話してみると、自分のようなキャリアがない人がエンジニアの仕事を求めて面談を受けることは意外と多いようで、 その方も慣れていました。

その方、曰く。

「まず、キャリアが無いと派遣先を紹介することは難しい。  お客さん(この場合派遣社員を雇う会社さんのほうです)は即戦力を求めている。  キャリアの無い方を0から教育して、仕事ができるようにしてくれるようなお客さんはなかなかいない。

 全くないわけでは無いので、紹介することは可能だが、まず段階を踏んでもらう必要がある。

 エンジニアというのは、常にPCに向かって作業しているので人との関わりを持たなくて済むイメージがあるが、
 実際はそうではなく、エンジニアこそ周りとのコミュニケーションが大事で、そこを勘違いしてエンジニアになろうとする人が多い。

 なのでコミュニケーション力に問題がないか確認するために、まずはテレアポを1年程度経験してもらって、
 そこで問題なければお客さんに紹介ができる。」

と。

ふむ。
テレアポ。
予想もしていなかった。

一筋縄では行かないとは思っていたが、まさかそんな回り道をしないといけないとは。
承諾し兼ねるが、参考までに詳細を聞いておくと。

テレアポだと、月収は17〜8万程度になるとのことだった。
派遣なので当然ボーナスも無し。

無理無理。
結婚して子供2人いるし。マジかよ。

ということで、この話はなかったことで。途方に暮れて家路に付くのでした。

テレアポからプログラマに転職

ちなみに。

私が知り合った、現役エンジニアの方の中には、この「テレアポからプログラマに転職」した方がいらっしゃいました。

その方は、元々エンジニアになるつもりはなく、テレアポの派遣社員として勤務していたみたいですが、
たまたま派遣元の会社が、派遣社員向けにプログラマの講座(?)をやっていたらしく、しかも無料で受講できたらしいので、
何となく受講して、気がついたらエンジニアになってました笑 ってことでした。

中には、そういう親切な派遣会社さんもあるようです。

まぁ、私の場合は家庭があって収入下げるわけにはいかなかったので、その選択肢はなかったわけなんですけど。

ということで、次回は「Webアプリケーション開発に入門しました」です。